仕訳の第一歩

今回は、前回の続き。

前回、『まず、最初に大事な事は、
「会社にとって得な事は左側(借方)に書き、
 会社にとって損な事は右側(貸方)に書く」
という事を徹底的に覚える事だ。』

と書いた。


banner_13.gif良かったらクリックをお願いします!



いったい、どういう事か。

仕訳の問題は、一般的に以下のような問題文になる。
『●●商店から売掛金の回収として、50,000円の郵便為替
 証書と同店振出しの小切手500,000円を受け取った』

まず、「●●商店から売掛金の回収」は飛ばして、
「50,000円の郵便為替証書と同店振出しの小切手
 500,000円を受け取った」という所。

これも特に考えないで、受け取ったのだから、会社に
とって得な事と考えればいい。得なのだから、
当然、左側(借方)に書く。

さて、では何と書くか?、郵便為替証書も小切手も
現金同等物なので、簿記においては「現金」と書く。
そして、最後に50,000円と500,000円の合計の
550,000と書いて終わる。

さて、話は戻って「●●商店から売掛金の回収」、
ここで、こう考えて欲しい。
「売掛金というのは、自分が商品を売りその金額を
 貸しているようなもの」だと。

そして、その「商品の売った貸し」を回収したのだから、
(現金が増えた事はさておき)会社にとって、
損な事である。そのような事は右(貸方)に書く。

よって、回収した売掛金550,000円を右側に書いて終わる。
最終的にはこうなる。

現金 550,000  売掛金 550,000


どうでしょうか?覚えやすくないでしょうか?
これができたなら、大いなる仕訳の第一歩を進んだと
いえると思います。

また、こうやって仕訳をしていくと、すぐに右と左が
一致するという事に気付きます。そうすると、今回の
例の場合、左に現金を550,000円書いた時点で、当然
右に550,000円しか一致する金額がなく、売掛金が
記入されると予想する事が出来ます。

そういった事が予想できるようになれば、簿記の
合格が一歩近づいたといえるのではないでしょうか?。


banner_13.gif良かったらクリックをお願いします!


参考:http://d.hatena.ne.jp/RRD/20081226/p2
| Comment(0) | 簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。