仕訳のフレームワーク

例によって、フレームワークなんていって、大した事
じゃないんですが、何事も勢いがかんじん(笑)。

仕訳もポイントを3つに絞ってみました。
その話。


banner_13.gif良かったらクリックをお願いします!




まいうー式仕訳の三ヵ条

「問題文はセンテンスで考える」
「会社にとって得な事は左側(借方)に書き、
 会社にとって損な事は右側(貸方)に書く」
「貸借は必ず一致する」

この三つになります。
ま、一つは以前に書いた通りですね。
この三つを徹底すると、仕訳の理解が早まると
思います。何事も基本がかんじんですからね。

基本を徹底的にマスターするというのは、
「日商簿記試験の攻略法」
でも書きましたね。

詳細については、次回書きます。


banner_13.gif良かったらクリックをお願いします!




| Comment(0) | 簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。