仕訳をセンテンスごとに理解

それでは、昨日の続き、
「問題文はセンテンスで考える」
について語っていきたいと思います。

最近は、簿記ばっか本当に書評ブログなのか?(笑)。


banner_13.gif良かったらクリックをお願いします!


「問題文をセンテンスで考える」とは、いったいどういう事か?。

例えば、以下のような簿記の問題文があったとします。

●●商店から売掛金の回収として、70,000円の郵便為替証書と
同店振出しの小切手700,000を受け取った。

という問題文があったとします、これを初めての方がやると
頭が混乱し、簿記ってつまらないとなるので、上記の問題文を、

●●商店から売掛金の回収として/
70,000円の郵便為替証書と/
同店振出しの小切手700,000を受け取った

という三つのセンテンスに分解し、一つ一つ処理していく
というものです。一つ一つのセンテンスとして処理して
行く事により、取り引きの一つ一つに集中して理解できる
という利点があります。

●●商店から売掛金の回収として/→貸方に売掛金770,000円
70,000円の郵便為替証書と/→借方に現金70,000円
同店振出しの小切手700,000を受け取った→借方に現金700,000円

という風に、一つ一つやっていく事が仕訳では大事です。

簿記の話は、流石に次回でいったん終わりにしようと
思います(笑)。


banner_13.gif良かったらクリックをお願いします!






| Comment(0) | 簿記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。