P.F.ドラッカー経営論

P.F. ドラッカー経営論
ダイヤモンド社
P.F. ドラッカー(編集)
発売日:2006-09-08
おすすめ度:5.0




この本を、ブログの1記事で語ろうなんて、はなはだ馬鹿げている
のですが、とりあえず最近気になっている1節を。



P.F. ドラッカー経営論
ダイヤモンド社
P.F. ドラッカー(編集)
発売日:2006-09-08
おすすめ度:5.0




私が最近読んでいるのが、
「エグゼクティブが必要とする情報」という所。
この章では、エグゼクティブ(執行者)でなくとも、
何を持って情報といい、その「情報」を如何に扱う
べきかが書いてある。

書いてある事はシンプルなのに、
「ああなんで自分はこんな事にきづかなかったんだ」
と考えさせられる1節。

で、エグゼクティブには以下のような情報が必要なんだとか。

・基礎的情報
・生産性に関する情報
・卓越性に関する情報
・資源に関する情報

この章は会社の幹部・役員向けにかかれていますが、
1個人としても、「自分」の上記のような情報は必要だと
私は考えます。

自分自身の仕事について上記のような情報があれば、
いろいろな事が見えて来るとともに、自分が上記のような
情報にいかに無頓着だったかがわかります。
そんなに、変わった事じゃないのに何故気付かなかったのか、
考えさせられます。

さらにこの4つの情報に関して、自分が考えさせられたのは、

・資源に関する情報

で、「資源に関する情報」には、以下のような情報がある。

・収益率
・回収期間
・キャッシュフロー
・現在価値

加えて、

・投資が成果を生まなかった時の損害
・投資が成功した時に発生するコミット
・成果をもたらすのに必要な期間

こういった事を知らなければいけないそうです。

そう考えると、今まで自分が行っている事に、
上記のようなデータを知っているどころか、
まったく調べる事もせずにいました。

これは恐ろしいと思い、現在こういった情報を
調べる事を重視する事にいたしました。
この記事へのコメント
ここに絵が見逃すことのできない本当にラッキー、本当にいいです。
Posted by cheap christian louboutin at 2013年01月25日 17:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。