ある素質とある素質の組み合わせ

ちょいちょい昔から、ストレングスファインダーの素質について、
「〜〜」という素質があるからと言って、安直に判断を下す事の
危険性について語っています。

が、さらにそれを発展させて、
ある素質とある素質の組み合わせによって、より自分自身が
(そして他者が)わかるのではないか?という事に気付きました。例えば、まいうーの素質は、
「自我」「着想」「コミュニケーション」「責任感」「調和性」の
5つですが、この内2つを組み合わせると、より顕著な自分の
素質がわかります。以下の通り。

================================

自我×着想
この組み合わせのおかげで、まいうーはただアイディアを考えるだけでなく、
「成果・結果」の出るアイディアをだそうとします。

自我×コミュニケーション
この組み合わせのおかげで、まいうーは人前、特に大勢の前でしゃべる事に
なんの恐れもなく挑む事が出来ます。ちなみに同じようなエピソードが、
「さあ才能に目覚めよう」にでています(P.223)。

自我×責任感
特筆すべきまいうーの強みのひとつ。この組み合わせのおかげで、結果や
成果を求めながらも、職人のようにプロセスにも集中できる。早い話が、
行動全てに高いモチベーションを持つ事が出来る。ただし、この組み合わせ
にエンジンをかけるのは至難の業、去年の初めぐらいからようやくやり方が
わかってきた(笑)

自我×調和性
この組み合わせのおかげで、自分の意見を主張しながらも、他人の意見も
取りこむ姿勢を持てる。どちらが欠けても良くない。

着想×コミュニケーション
よくよく考えるとこの組み合わせがなかったらとんでもなかったと思う。
この組み合わせのおかげで、とんでもなくわけのわからない人から、
わけのわからない人程度の評価ですんでいる(笑)

着想×責任感
この組み合わせのおかげで、アイディアや概念について徹底的に考える姿勢を
持つ事が出来る。おかげで「6つ目の素質は内省ですね」とか言われる(笑)。
残念ながらそんな事はない。なぜなら、まいうーは他人のアイディアで納得
いけば、直ちに考える事をやめる。物事が解決した時も同様。

着想×調和性
意外に良い組み合わせ。このおかげで他人の話や考えにただ耳を貸すだけ
でなく、その話や考えを理解する事が出来、本当の意味で「人の話を聴く」事が
出来る。お互い補完的な才能。

コミュニケーション×責任感
どうなのこれ?自分自身では良くわかりません(笑)。信頼されるトークを
するという事?。どうかな(笑)。話す事について徹底的に考えているという事は
あるかも知れない。

コミュニケーション×調和性
この組み合わせも良い。この組み合わせで「話す」という事と、「聞く」という事を、
有機的に行う事が出来る。「話す」と「聞く」で「会話」なのだ。

責任感×調和性
まいうーは、ありがたい事に会社勤めは嫌いだったが、会社の評価が低かった事
はなく、むしろ会社に評価されている事が多かった(はず)。一足飛びに、リーダー・
管理職につく事も多かった。マネージャークラスに評価されるというこの組み合わせ
については、「さあ、才能に目覚めよう」にも書いてある(P.315)

================================

さて、長々と書きましたが、自分の意見をまとめる為に書いているので、
まだまだ続きますよ(笑)。さてこの10個に至る2つの組み合わせなんだけど、
当然に、2個の組み合わせより、3個の組み合わせの方が強力という事も
わかっています。3個の組み合わせは以下のとおり(笑)。

自我×着想×コミュニケーション
おそらくは、まいうーを「最も変わり者たらしめている素質」の組み合わせ(笑)、
この組み合わせのおかげで、「他の人が考えないような事」を、「それを表現
するに最もインパクトのある言葉」で、「誰かに聞かせずにはおれない」のです。

自我×着想×責任感
こう並べると確かに自分という気がします。すなわち、「成果や結果を出す」為の
「アイディアや概念、方法論」を「徹底的」に考えなくてはならないと思う素質。
おかげで「6つ目の素質は内省ですね」とか(以下略)。

自我×着想×調和性
これは変わった取り合わせ。しかし、この組み合わせのおかげで、「成果の出る
考え方」を他人、歴史、書籍から得るという能力があるかもしれない。
「自分考えた」という事にはこだわらないですから。

自我×コミュニケーション×責任感
これも自分ではわけわからん組み合わせ。なんだろうか?いったいこれは。
あ、わかった!。「人前で言うべき事を言う能力だ(笑)」しかし多分これで結構
トラブっているような(笑)。強みか?(笑)。

自我×コミュニケーション×調和性
こっちの方がよくわかる。これはまいうーの司会の能力だ(笑)。この組み合わせの
おかげで大人数の前で、「言うべき事を言い」「全員の雰囲気をつかむ」事が
できる。ファシリテーション?いやさ「司会」さ。

自我×責任感×調和性
これは去年わかった事だけれども、まいうーは「さあ、才能に目覚めよう」の自我の
箇所に書いてあるような、目立ちたい、評価されたいという気持ちはあまりない。
信じられないかもしれないが、人に褒められると、まず「本当に褒められるに値するか?」
を考える。しかし、そのようなストイックな姿勢は責任感から、目立ちたいと思わない
価値観は調和性からきていると思われ、自分では結構良い事だと思っている。

着想×コミュニケーション×責任感
まいうーは、1日の大半を「次に誰それに会ったら何々を話す」という事に費やしています。
その、「何を話そうか、どうやって話そうか」という事を考えるのはこの組み合わせでしょうね。

着想×コミュニケーション×調和性
この「インタビュアー的素質」は、インタビュアーに必要な要素を全て兼ね備えて
いるかも知れない。つまり、「人の考えを理解する力」「相手に適切な質問を投げかける力」
「相手の話を聞く姿勢」、残念な事に、まいうーはインタビュアーでも、
ジャーナリストでもないが(笑)。

着想×責任感×調和性
これは「徹底的に人の話を聞き、その話を理解する事に努める」能力といえそう。
着想が「概念」を理解するという能力でもあるため、「聞きだすという事」に長けてるかも。

コミュニケーション×責任感×調和性
お、人に接する能力が3つ重なった。しかし、対人関係良好といえるかね?。
ま、しかしドラッカー風に言うなら、「対人関係に優れた者は、多くの対人関係で
トラブルをおこす。なぜなら、対人関係に優れた者は常に新しい対人関係に
挑戦するからだ」としておこうか(笑)。

やはり、2つよりも3つ組み合わさった方が、より自分自身を表しているんじゃないかな。
という事は、つまり4つの方がよりという事でさらに話は続く。

================================

自我×着想×コミュニケーション×責任感
あ、もう俺そのものだね(笑)。つまりは、何か役に立つような考え、方法論を、
徹底的に考え、徹底的に言おうとする能力。能力なのか?良く言えば、
リーダー気質なのか。悪く言えばおせっかい(笑)

自我×着想×コミュニケーション×調和性
こっちの方が幾分かマイルド(笑)。何か役に立つようなアイディアや概念を
みんなのコンセンサスをとりながら、主張していく能力。おお、なんだか、
リーダーっぽいじゃないか!。リーダーっぽいのに憧れるのも自我たるゆえん(笑)

自我×着想×責任感×調和性
上記の逆バージョンかもしれない。つまり、集団の意見や考えを徹底的に聞きだし、
それを成果に繋げようとする精神。今、自分が考えているやり方だ。すごい発見。

自我×コミュニケーション×責任感×調和性
グループや集団の中でも、皆が気持ちよくなれるように接待・応対役に徹する能力
こう書くとかっこいいね。でもそこまでのもんじゃないよな(笑)。

着想×コミュニケーション×責任感×調和性
人と接するという事に対して、徹底的にそして真摯に考える力。
ただ話す、ただ聞くというだけでなくそこにいろいろなアイディアを盛り込める。

流石に4つも重なると、これぞまいうーだって感じだ。
こう一覧にすると良くわかる結局のところ、まいうーとはこういう男である。

「成果がある、役に立つそして意味や意義のある事」を行うべく、それを、
「実現する為のアイディア、概念、方法論、システム等を考える」そして、
実行にあたり、「徹底的に考え、行動し、努力し、完遂する事」をいとわない。
一方でその実現のために、「人に話し、表現し、書き、語り」
「理解を促し、コンセンサスを得、話に耳を傾ける」というのが【好きな男】

つまりは、自我×着想×コミュニケーション×責任感×調和性という事なのだ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。